株式会社日本FBMコンサルティングは、ファミリービジネス(オーナー・同族会社)を経営、所有、家族の観点から支援します。|事業承継・経営コンサルティング 大阪

所有(オーナーシップ)分野支援サービス

所有(オーナーシップ)分野支援サービス

  • HOME »
  • 所有(オーナーシップ)分野支援サービス

貴社の所有(オーナーシップ)分野における課題に対して、株式承継手法やホールディングカンパニーの設立など、専門家から様々な提案がありますが、どの提案が貴社に最適な提案かが分からない場合が多いかと思います。そこで、ファミリービジネスコンサルタントがファミリービジネス全体のバランスや現オーナー様のご意向を尊重したうえで、適切なコンサルティングサービスを提供します。

また、検討にあたり、必要に応じて、貴社と既にご契約されている専門家(税理士・会計士、弁護士、コンサルタントなど)とも連携させて頂きます。具体的な税務業務が発生した場合は、貴社のご契約されている税理士もしくは弊社提携の税理士で別途対応させて頂きます。

①企業所有形態及び企業グループの体制のあり方の検討支援
②株式承継(資産承継)支援
③ファミリー企業のガバナンス構築支援

その他所有分野に関するコンサルティングサービスについてのお問合せはこちら

①企業所有形態及び企業グループの体制のあり方の検討支援サービス

概要

  • 後継者への株式等の資産承継にあたり、例えば、金融機関から資産管理会社やホールディングカンパニーを設立してはどうかというアドバイスなどを受け、企業の所有形態を検討する機会が多いかと思います。
  • しかし、様々な専門家から複数の提案を受けても、どの提案が自社に最も適切なのかが分からない場合も多いのではないでしょうか。
  • そこで、弊社は貴社の経営状態、さらに所有、家族の状況も踏まえた上で最も適切な企業所有形態及び企業グループの体制のあり方について提案させて頂きます。

特徴

  • 実現すべき企業所有形態やファミリービジネスが対応すべき課題は、株式承継と経営承継のパターンによって異なります。弊社はファミリービジネスコンサルタントが現オーナー様に寄り添い、そのお考えを丁寧に時間をかけて理解させて頂き、現オーナー様が真に納得したうえで対応できるように支援します。
  • 提携税理士・会計士、弁護士なども多く、構想の検討から実際の実行まで一貫してご支援が可能です。

株式承継と経営承継のパターン毎による検討すべき課題

進め方

  • 企業やファミリーの状況によって、支援する内容が異なるため、まず、「ファミリービジネスコンサルタント顧問サービス」をご契約頂き、その契約の範囲で、貴社の現況をお伺いし、貴社に最適な企業保有形式や企業グループの体制のあり方を検討し、ご提案します。
  • 下記関連サービスにおける「ファミリービジネスコンサルタント顧問サービス」の概要をご確認頂き、コンサルティングサービスに関してお問合せください。

②株式承継(資産承継)支援サービス

概要

  • 中小企業の株式は非上場株式であるために、その評価額が直ちに分からない、また、換金性が低いなどの問題があり、相続などの段階になって、初めて株式承継の問題が発生することがあります。例えば、想像以上に株式の評価額が高く、多額の相続税が発生する、また、株式以外の資産の割合が低く、就業ファミリー以外の親族にも株式が相続されるなどの問題が発生します。
  • そのような問題が発生した場合、後継者は本業に専念することができなくなり、企業運営に支障をきたすことがあります。
  • そこで、弊社は、そのような状況に陥らないようにするために、事前に株式承継としてどのような対策を講じれば良いかについてのアドバイスを実施します。

特徴

  • 一般的な税務アドバイスは、株価の評価を下げること、相続税の納税額を下げることなどに主眼を置かれますが、弊社のファミリービジネスコンサルタントはそのような一側面だけではなく、経営、所有、家族の観点から貴社及びオーナーの意向に沿った形で最も最適な株式承継のあり方についてアドバイスを実施します。

進め方

  • 企業やファミリーの状況によって、支援する内容が異なるため、まず、「ファミリービジネスコンサルタント顧問サービス」をご契約頂き、その契約の範囲で、貴社の現況をお伺いし、貴社に最適な株式承継についてご提案します。
  • 下記関連サービスにおける「ファミリービジネスコンサルタント顧問サービス」の概要をご確認頂き、コンサルティングサービスに関してお問合せください。

③ファミリー企業のガバナンス構築支援サービス

概要

  • ファミリービジネスの経営、特に創業者や中興の祖による経営は、オーナーの考え方に偏った経営、いわゆるワンマン経営になりがちです。そのこと自体はオーナーも自覚されていますが、ついつい、熱くなってしまい、自身の考え方をそのまま通してしまうことも多くなっているのではないでしょうか。
  • さらに、オーナーが意思決定していく際に、現場から必要な情報が上がってこない、また、現場にとって不利な情報が入ってこないといった問題もあります。
  • そこで、弊社のファミリービジネスコンサルタントが独立した客観的な視点で貴社の経営活動に対してアドバイスを行い、経営活動が推進されるように支援します。
  • また、ファミリー企業のガバナンス構築として、株主構成のあり方、取締役会のあり方、監査役・内部監査などの監査の仕組みづくりなど、一般公開企業の仕組みの導入も合わせて検討が可能です。

特徴

  • 中小企業から東証一部上場企業までのガバナンスを構築してきた弊社のファミリービジネスコンサルタントが企業ステージに応じたガバナンスの構築を支援します。
  • ファミリービジネス特有の問題として、就業していないが株式を保有している親族が存在するなどの場合がありますが、そのような場合でもファミリービジネスコンサルタントが経営、所有、家族の視点から最適なアドバイスを実施します。

進め方

  • 企業やファミリーの状況によって、支援する内容が異なります。
  • 貴社の経営活動に対して、弊社のファミリービジネスコンサルタントによる独立した客観的な視点でのアドバイスが必要な場合は、「月次経営助言(経営監査)サービス」をご確認ください。
  • その他のガバナンス構築などについては、「ファミリービジネスコンサルタント顧問サービス」をご契約頂き、その契約の範囲で、貴社の現況をお伺いし、貴社に最適なガバナンス構築に関するご提案をします。
  • 下記関連サービスにおける「月次経営助言(経営監査)サービス」「ファミリービジネスコンサルタント顧問サービス」の概要をご確認頂き、コンサルティングサービスに関してお問合せください。

PAGETOP

MENU