株式会社日本FBMコンサルティングは、ファミリービジネス(オーナー・同族会社)を経営、所有、家族の観点から支援します。|事業承継・経営コンサルティング 大阪

ファミリービジネスマネジメントコンサルタント(R)養成講座

  • HOME »
  • ファミリービジネスマネジメントコンサルタント(R)養成講座

ファミリービジネスマネジメントコンサルタント®とは

経済産業省が2025年に日本企業の3社に1社にあたる127万社が廃業危機を迎え、雇用650万人、GDP22兆円が消失してしまうという衝撃的なシナリオを提示しました。廃業の要因は、事業承継がうまく進まないことによります。そのような社会的な問題に対応すべく、オーナー・同族会社特有の事業承継(特に経営承継)の難しさに対応するためのナレッジとスキルを持った人材の育成が不可欠となっています。

オーナー・同族会社は欧米ではファミリービジネスと呼ばれ、「資本と経営を分離し、プロフェッショナルが経営する大手上場企業」と対比する形で、「オーナー家が経営に対して強い関与をしながら成長し、雇用を生むファミリービジネス」という企業体として位置づけられ、研究も進んでいます。ファミリービジネスの経営を考えるうえで、スリーサークルモデル、3次元発展モデル、ファミリーガバナンス、パラレルプランニング、ジェノグラム分析などのコンサルティングメソッドが提唱されています。

ファミリービジネスマネジメントコンサルタント®は、ファミリービジネスに関する事業承継・経営承継・経営革新などの課題解決に対応する専門家で、弊社が主催する養成講座を受講し、レポートによる審査に合格し、ファミリービジネスマネジメント(FBM)実践会員に入会することで付与されます。

※「ファミリービジネスマネジメントコンサルタント® 」は商標登録第5983317号に登録されています。

ファミリービジネスマネジメントコンサルタント®と、一般的なビジネスコンサルタントや税理士(税理士補助)との違いは下表の通りですが、経営者から直接悩みを聞くことが多い税理士(税理士補助)と大変親和性の高い職種と言えます。但し、必要なスキルやクライアントに向き合うスタンスは異なるために、意識的に仕事の進め方やクライアントとの向き合い方は変える必要があります。

税務業務は昨今のAIブームにおいて、機械に代替される可能性が高いと言われていますが、ファミリービジネスマネジメントコンサルタント®が取り扱う課題は、定型化が難しく、AIでの対応が難しい課題です。そのために、AI化が進んでも、直接コンサルタント(ヒト)が対応しなければならない課題で、これからもずっと残る業務となります。

ファミリービジネスマネジメントコンサルタント®は、以下のような取組みを推奨しています。
なお、月額報酬、新規取引先の確保などを保証するものではありません。

ファミリービジネスマネジメントコンサルタント®養成講座の内容
(何が学べるのか。)

養成講座では、欧米で研究されているファミリービジネス概論に加えて、具体的なコンサルティングサービスの提供方法に加えて、より実践的なソリューションとして、ファミリービジネスの現状分析と課題把握方法(スリーサークルモデル総合診断)、永続できる事業承継計画の策定方法(三円一体承継計画)、強いファミリービジネスのつくり方などについて説明し、講座修了後には、講座内容の理解を深めるために、レポートを提出して頂きます。
講座受講後にすぐに実践できるように汎用企画書(4種類)、現状分析チェックシート、事業承継計画フォーマット、業績管理ツールのフォーマット、契約書などの電子データ(ワード、エクセル、パワーポイント)をご提供します。

講座対象者

  • ファミリービジネスに普段アドバイスを実施されている税理士(税理士補助)、中小企業診断士、司法書士、社労士、金融関係、保険販売、不動産販売などの専門家
  • ファミリービジネスの関係者(オーナー、後継者、経営幹部など)

なお、受講資格は設けていません。どなたでも受講して頂けます。

講座カリキュラム

養成講座は税理士(税理士補助)、中小企業診断士、司法書士、社労士、金融関係、保険販売、不動産販売などの多忙な専門家を対象としているために、本来であれば、半年程度かけて実施するコンテンツを凝縮し、1日の集中講座としてご提供します。養成講座修了後も、継続的にファミリービジネスに関する学習を実施してもらうために、ファミリービジネスに関するナレッジとノウハウを共有するファミリービジネスマネジメント(FBM)実践会員で学習して頂きます。

講座資料(電子データを含みます。)

講座ではファイリングされたオリジナルテキスト(約200ページ)を使用します。講座資料には、コンサルティング契約書の雛形、現状分析のための分析フォーマット、事業承継計画のフォーマット、業績管理ツールのフォーマット(一式)などが含まれます。
オリジナルテキストに加えて、講座受講後にすぐに実践できるように汎用企画書(4種類)、現状分析チェックシート、事業承継計画フォーマット、業績管理ツールのフォーマット、契約書などの電子データ(ワード、エクセル、パワーポイント)も合わせてご提供します。

講座費用・定員

98,000円(税別)

各カリキュラム説明後に受講者からの質問を受け付けているために、講座定員は10名までとしています。ご了承ください。

※なお、講座費用には、ファミリービジネスマネジメント(FBM)実践会員の入会金5,000円(税別)が含まれ、受講特典として、初年度会費(12月末まで ※9月以降の受講の場合は翌年12月末まで)が無償となります。FBM実践会員にすでに入会されている方は、93,000円(税別)となります。
※受講希望者が5名以上お揃いになる場合は、日本各地(東京・大阪も可能)での出張養成講座を開講させて頂きます。同一法人の所属である必要はありません。代表者(とりまとめ役)の方は参加予定人数、希望日、場所などを下記の養成講座申し込みページよりご連絡ください。担当者よりご連絡させて頂きます。

 

担当講師

養成講座の講師については、弊社・代表(大井大輔)が務めます。

弊社・代表は、株式会社日本総合研究所で14年間経営コンサルティングの経験を有し、中小・中堅企業から上場企業までの、経営戦略・事業戦略の立案・実践支援、新規事業開発支援から経営マネジメントシステムの構築などの幅広いテーマでコンサルティングサービスを提供してきました。

在職中に税理士資格、基礎心理カウンセラーなどの資格を取得し、経営分野に加えて、所有(税務面)、家族の観点からもアドバイスすべく、株式会社日本FBMコンサルティングを創業しました。現在、代表は税務申告などの税理士としての業務は行っておらず、ファミリービジネスマネジメントコンサルタント®として実際に活躍しています。本講座では、そのエッセンスをお伝えする内容となっています。

本養成講座は、一般社団法人日本ファミリービジネスアドバイザー協会(西川盛朗理事長)(URL:http://fbaa.jp/)の後援も受けており、すべてのファミリービジネスの永続的な発展を支援する取組みです。

ファミリービジネスマネジメントコンサルタント®養成講座によって、以下について理解し、ファミリービジネスマネジメントコンサルタント®として、活躍できるように期待しています。



※無料説明会の申込サイトではセミナーと同じ内容の動画(約38分)も公開しています。

PAGETOP

MENU